21歳女子大生の神待ち体験談

今から数ヶ月前、親に海外旅行に行きたいと訴えた際に、危険だから許さないと反対され家出をし、神待ち体験をしたことがあります。
実家に住んでいるために家族と喧嘩になりますと出て行く先がありません。
お金も無いためにホテルに宿泊をしたり漫画喫茶に泊まったり、どこか商業施設にて時間を過ごしたりはできず、あても無くさ迷っていました。

一日目は結局友達が泊めてくれたのですが、何日も泊まるとなると迷惑を掛けるよな、と思い駅前でナンパ待ちをしたのですが田舎なのもあり中々声を掛けられず、ナンパされても家出、と言うとそそくさと逃げられたりとし、宿泊先を確保する事ができず、インターネットの神待ち掲示板に投稿をしたのです。
神待ちの存在についてはインターネットを利用していた際に噂として知っており、女性が宿泊先に困った時やお金に困った時に、男性と食事、性行為、といったなんらかの行為と引き換えに援助する、とのちょっとした売買行為であるといった知識がありました。

本当に男性が家に宿泊をさせてくれたり、お金をくれたりするといった美味い話があるのだろうかと半信半疑でしたが、かなりの数のメールが届き、特に冷やかしではなさそうなメールを選んで、泊めてくれないだろうか、とお願いをしました。
相手は何度も神様として神待ちの女の子を家に泊めたり、食事をおごってあげたりと援助をした経験の有る男性のようであり、慣れている雰囲気があるのでこちらも安心して会うことができました。

すぐにでも家に宿泊をしたかったために、メールで打ち合わせをしながら駅前で待っていたのですが、男性は本当に来てくれ、一緒に男性宅に行きました。
一人暮らしをしている28歳の男性宅は意外にもお洒落で綺麗であり、宿として申し分が無く、更に食事も振舞ってくれ、サービス満点であると嬉しくなりました。
お礼はフェラチオ、身体だけの写真撮影、ペッティングだけでいいよ、と言ってくれたので負担がありませんでした。
性的行為は数時間に及び、朝方まで行なっていたのですが、男性が会社に行く際に「好きに使っていいよ」と言ってくれたので男性が夕方帰宅をするまで眠ったりお風呂に入ったり食事を食べたり、と自由に生活ができました。